ショッピングカート

0

ショッピングバッグは空です

購入する

【幼児食】献立に悩む方へ!栄養バランスが考えられた1週間の献立を管理栄養士がご紹介します!

2022.07.31
【幼児食】献立に悩む方へ!栄養バランスが考えられた1週間の献立を管理栄養士がご紹介します!

普段の献立を考えると、栄養バランスが気になる、いつも同じメニューになってしまう、作る時間がないなどお悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。また幼児期は大人と同じものも食べられないし、味の濃さも気になりますよね。

メニューや買い物に悩むことが無いよう、1週間分の献立表を作りたいと思うママもいるかもしれません。幼児食の献立を考えるときのポイントと1週間の献立例も合わせてご紹介します。


幼児食の献立づくりのポイント

1.栄養バランスを考える

栄養バランスは1食の中で考えることも大切ですが、1日、1週間の中で考えるようにします。幼児期は気分のムラや食べムラもあるので1週間の中で栄養バランスを考えるようにすると気持ち的にもラクに過ごせるかもしれません。

主菜は「肉と魚を週3日ずつ」、主食はごはんばかりだと飽きてしまうので「めん類も1~3日入れる」などメニューを考える前にざっくり決めてみましょう。野菜は種類がいつも同じにならないよう、いろいろな旬の野菜を意識して取り入れます。

かき玉汁や豚汁など、具材をいろいろ入れて野菜とたんぱく質を組み合わせることで、品数が少なくても栄養バランスが整います。また味付けは和、洋、中や時々酸っぱいなど、変化をつけるようにすると飽きずに、おいしく食事ができます。

2.幼児食を中心に献立を考える

大人と兄弟がいる場合は上の子、下の子で、固さや味付けを変えた方がいいけど、1人分ずつ作るのはなかなか大変ですよね。大人を中心にメニューを考えると、子どもの分を別で作らないといけないこともあります。

子どもに合わせて献立を考え、大人はあとから酸味や辛味を足すと、物足りなさを補ったり、好みの味を楽しむことができます。例えば私は子ども用に中華だしのかき玉スープを作り、大人は酢とラー油を加えて、酸辣湯風にしたりしています。幼児食を別で作らなくてよいとラクですよね。

また好きなメニューがあると食事の時間が楽しくなるので、水曜日は「カレー」「ハンバーグ」のように子どもが好きなメニューも献立に入れるママも多いようです。

3.作り置きや冷凍を活用する

忙しい日々の中で何品も作るのは大変なことです。1品でも作り置きやすぐに調理ができる用に冷凍した食材があると便利です。

例えば「ひじきの煮物」を作り置きしたり、小分けにして冷凍しておけば、おかずとしてはもちろん、炊き込みご飯にしたり、ハンバーグや卵焼きの具材として使うと手軽に、使う食材を増やすことができて栄養バランスも良くなり、調理時間も短縮できるので便利です。

また食材を子どもが食べやすい大きさに切り、小分けにして冷凍しておくだけでも、サッとスープや炒め物に使うことができます。私も一度にまとめて調理しておくと普段の手間が省ける「玉ねぎ、人参のみじん切り」「ほうれん草を湯がいたもの」は、冷凍庫に常備しています。

4.幼児食宅配サービスなどプロが考えた食事も活用する

最近は「幼児食」に関するサービスや商品も増えています。幼児食とは、離乳食を卒業した後の1歳半~5歳ごろまでの食事のことを言います。離乳食を卒業したら、大人と一緒の食事にして良いわけではありません。

幼児期は離乳食を卒業してから大人の食事に近づけていく準備期間で、味覚や内臓機能などが未発達のため、少しずつ移行していく必要があります。しかし栄養バランスや子どもの成長に適した食事を毎日作ることは大変なことです。

幼児食の宅配サービスなどを活用することで、子どもに適した食事を用意することができ、また、気持ちにも余裕を持って食卓を囲むことができますね。


管理栄養士が考える幼児食の1週間献立

幼児食の1週間献立〜月曜日〜

幼児食の1週間献立〜火曜日〜

幼児食の1週間献立〜水曜日〜

幼児食の1週間献立〜木曜日〜

幼児食の1週間献立〜金曜日〜

幼児食の1週間献立〜土曜日〜

幼児食の1週間献立〜日曜日~

<メニュー紹介はこちら>
Menu – 冷凍幼児食 Tot Plate


まとめ

を考えるときは1週間の中で、栄養バランスが良くなるよう、主菜(肉・魚)や主食を決めておきます。肉・魚や野菜は同じ種類ばかりにならないように意識するとバランスが整いやすくなります。

また作り置きや冷凍を活用すると、短時間で栄養バランスを考えた献立が作りやすくなります。1週間の献立例も参考にしてみて下さい。

また小さい子どもの成長に合わせた味付けや調理に気をつけながら、大人の食事も毎日作ることは大変なことですよね。冷凍宅配幼児食「TotPlat」を利用すれば、子どもに適した調理や味付けがされており、それだけでも必要な栄養素を摂ることができるので、品数が少なくなってしまうときも、罪悪感なく食事を囲むことができます。


タグ :