ショッピングカート

0

ショッピングバッグは空です

購入する

朝が忙しいママは朝食の準備を見直してみよう!時短のコツも紹介!

2022.06.04
朝が忙しいママは朝食の準備を見直してみよう!時短のコツも紹介!

 

 

皆さんは朝の時間をどのように過ごしていますか??子育て中のパパママは慌ただしく過ごしている方も多いのではないでしょうか。

中でも「朝食の準備」に時間が掛かっているという声も多く聞かれます。一方で、朝食は脳の働きを活発にしたり、一日のリズムを整える大切なもの。

子どもにも必要な栄養素がつまったメニューを用意したいですね。忙しい朝を乗り切る「朝食の準備」の工夫をご紹介します。

 


ママの朝が忙しくなる理由は「朝食の準備」

自分の支度に加えて子どもの支度、朝食の準備から後片付け、掃除、ゴミ捨てなど、様々なタスクがあって朝の時間は時間に追われてしまいがちですよね。

「朝」に時間がないというお母さんに、何に最も時間が掛かっているか聞いたところ、「朝ごはんの準備」(33.3%)が最も多く、また朝ごはんに関して、ほとんどの方が「献立決めに苦労しワンパターンになってしまう」や「栄養バランスも大事だが、朝は時間がないので難しい」に「そう思う」と回答し、献立決めの苦労や時間がないことへの悩みを感じていました。

一方、それでも「家族には、 野菜や栄養バランスのとれた朝ごはんを食べさせたい」と回答した人も同様に多く、理想の朝ごはんはあるが、現実的には難しく、働くお母さんは朝ごはんの準備に関してさまざまな悩みを抱えているということがアンケート結果から分かります。

※「働くお母さんの朝の準備に関する調査」
対象:全国、20~50代、4歳から小学生以下の子供のいる働くお母さん(ンターネット調査)


朝の忙しさを軽減するの5つのコツ

1.使う食器を減らす

使う食器や調理道具を減らす工夫をしてみましょう。食器に悩んだり、洗い物に使う時間も減らすことができます。

特に、忙しい朝食はワンプレートの盛り付けや丼ぶりにしてみるのはいかがでしょうか。カフェ風の盛り付けを参考にしつつ、彩りに気をつけた盛り付けをするとおしゃれに仕上がり、ワンプレートでも食卓が充実できそうですね!ごはんの上に具材をのせるだけの丼ものもよいですね。

紙皿や紙コップに頼る方法もあります。最近は、ネットショップや100円均一などでも、かわいい模様やおしゃれな紙皿も販売されています。エコの観点からはよくないかもしれませんが、たまになら、パーティーやアウトドアのようにちょっと気分を変えられてお子さんも楽しめるかもしれません。

他にもアルミホイルなどを使って調理すると食器を減らすことができます。アルミホイルの中に食材(例えば、ほうれん草と卵など)を入れ、トースターやグリルで加熱すればお鍋も使わず、準備も後片付けもラクに♪そのままお弁当にも入れられます。

また食器だけではなく、調理中に使う、まな板、ボウル、鍋の使用を工夫して減らすと洗い物も減りそうです。例えば牛乳パックを切り開いたものを使い捨てのまな板代わりにする、キッチンバサミを使用する、食材を混ぜ合わせる時はポリ袋を使用するなど様々な方法があります。取り入れやすいものを実践してみましょう。

2.野菜はカットして冷凍しておく

冷凍のカット野菜があるとあっという間に一品ができあがります。一度使ったらやめられない!そんな方も多いようです。食材を切るところから朝食を作るのは大変ですよね。

冷凍のカット野菜を常備しておくことで、まな板、包丁を使わずすぐに調理をスタートできます。自宅で余った野菜や多めに買い物したときにカットして冷凍しておくのもよいですし、最近は冷凍野菜の商品も増えているので、市販品を上手く活用するのもよいですね。

例えば、解凍ブロッコリーをフライパンで炒め、溶き卵をまわし入れる、冷凍ほうれん草を容器に入れ、真ん中に卵を落とし、電子レンジで加熱する、食パンに冷凍野菜としらすやツナ、チーズをのせてトーストするだけなど栄養バランスを考えたメニューが簡単につくれます。

3.前日に炊飯器のタイマーをセットする

炊飯器を使ったメニューもおすすめです。前日に炊飯器に材料を入れてタイマーをセットしておけば、朝起きてからメニューに迷ったり、慌てることもありません。事前に炊飯して冷凍するのもよいですが、前日に準備して予約炊飯すれば、朝起きて炊きたてを楽しめます♪

季節の食材を使った炊き込みご飯やピラフなど和風も洋風、どちらのメニューも作れるのでレパートリーも広がりますし、他にも生地を混ぜて具材を入れた食事系パンケーキ、ポトフやミネストローネなどのスープを炊飯器を使って作るレシピもあるので参考にしてみてください。

4.お弁当は作り置きおかずを詰める

忙しい毎日に役立つものといえば「作り置き」。一からお弁当の具材を作るのは大変ですよね。夕食の支度のときにおかずを少し多めに作ってストックしたり、週末にまとめて作り置きしておけば、忙しい朝でもバランスのよいお弁当を準備できます。

5.冷凍幼児食を活用する

幼児食とは、離乳食を卒業した後の1歳半~5歳ごろまでの食事のことです。皆さんは冷凍幼児食を使ったことはありますか??パックのまま電子レンジで加熱ができ、気軽に手早く栄養のある食事を準備することができます。

冷凍幼児食のシチューなどのスープにロールパンを添える、冷凍幼児食のおかずにおにぎりを添えるだけで子どもに必要な栄養素が摂れる朝食が完成♪パパママもごきげんに朝の時間を過ごすことができそうですね。


特に現代のパパママは、仕事と育児の両立で毎日忙しく、朝の時間を少しでも有効的に使いたいと思っている方も多いと思います。中でも「朝食の準備」の工夫について、5つのコツをご紹介しました。

朝食は脳の働きを活発にしたり、一日のリズムを整える大切なものです。朝食欠食をする子どもも少なくありません。頑張り過ぎず、自分に合ったやり方を試しながら、朝の時間を快適に過ごせるとよいですね。

忙しい朝を見直するならTot Plate!

「子供には健康的なものを食べさせたい!でも、毎日の献立を考えるのも食事を用意するのも大変!!」そんな親御さんのために、お子さんの健康を一番に考えた冷凍幼児食はいかがですか?

化学調味料や着色料無添加、国産素材を使用して、健康はもちろん美味しさにもこだわりました。電子レンジまたはお湯で温めるだけなので、調理の手間もかかりません。

お子様の健康を考える忙しいママ、パパの皆様、ぜひ一度Tot Plateをお試しください!


タグ :