ショッピングカート

0

ショッピングバッグは空です

購入する

Learn

Learn

幼児食とは、離乳食を卒業した後の1歳半~5歳ごろまでの食事のことを言います。
離乳食を卒業したら、大人と一緒の食事にして良いわけではありません。幼児期は離乳食を卒業してから大人の食事に近づけていく準備期間で、味覚や内臓機能などが未発達のため、少しずつ移行していく必要があります。
この時期は身体の成長・発達が著しく、味覚や食嗜好の基礎が培われ、食習慣の基盤が作られます。
また適切な食習慣を身に付けることは健康な心と身体の成長を促し、のちに肥満・やせ、生活習慣病などの予防にもつながります。
 
①幼児に必要な栄養バランス
幼児期に食事で摂取する栄養素は健康維持・増進に使われるだけでなく、発育・発達のためにも必要です。
身体は小さいですが発育は盛んで運動量が多いため、体重1kg当たりの必要な栄養量は成人より多くなっています。
 
②味覚形成に重要な時期
子どものときに身に付けた食習慣は大人になっても続くため最初が肝心です。
様々な食べ物の多くの味を経験することが幅広い味覚を作ります。
大人と子どもでは塩分摂取目標量・おいしいと感じる塩分濃度が異なるため、味付けに調整が必要です。
 
③咀嚼力への考慮
離乳食が終わり、ある程度かたいものが食べられるようになると「もう何でも食べることができる」と誤解する大人は少なくありません。
誤飲防止や内臓への負担を考慮した上で、歯の生える時期や体の発育に合わせた食事を用意することが大切です。
 
最近では総菜などの中食・外食が盛んになり、利用する機会も多くなってきました。
中食・外食の食事は甘味が強く味付けが濃かったり、塩分が多かったりする傾向にあります。
Tot Plateは子どもの成長に合わせた調理法・味付けで、お子さまの健やかな成長をお手伝いします。