ショッピングカート

0

ショッピングバッグは空です

購入する

【幼児食】5歳児におすすめするお昼ごはんはコレ!管理栄養士がご紹介します!

【幼児食】5歳児におすすめするお昼ごはんはコレ!管理栄養士がご紹介します!

夏休みは子どもたちと過ごす楽しみはあるけれど、朝昼晩と3食用意しなければならないママは大変ですよね。なんだか、ずっとご飯のことを考えているような気持ちになってしまいます。

頑張りすぎず、ほどほどに手を抜きながら、おいしいごはんを作っていきましょう。今回は子どもと一緒につくれるレシピや作り置きできるレシピを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

【子どもと一緒に作れる】5歳児におすすめの昼ごはん

(★の部分をお子様にお願いしてみてください。)

1.韓国風焼肉サラダ

牛肉は不足しがちな鉄や亜鉛の供給源!野菜と組み合わせてバランスよく栄養素が摂れるメニューです。レタスをちぎったり、ビニール袋でお肉と下味をモミモミしたり、楽しくできる作業がいっぱいです♪

〈材料〉(2人分)

  • 牛こまぎれ肉  100g
  • サニーレタス  50g
  • パプリカ(赤) 1/8個
  • 焼肉のたれ(市販) 大さじ1
  • 白炒りごま     お好み

その他のりをちぎってトッピングするのも〇

〈下準備〉

★レタスは食べやすい大きさにちぎる。

  • パプリカは長さ半分に切って、薄切り。

〈作り方〉

  1. ★牛肉は大きければ2~3㎝のひと口大に切り、ビニール袋に入れ、焼肉のたれをもみ込む。
  2. フライパンに①を入れ中火で加熱する。
  3. ★器にレタスと②を交互に盛り付け、パプリカ、白炒りごまをちらす。

2.失敗なしのとろとろカルボナーラ風

フライパン一つで失敗なくできるカルボナーラ風パスタ。卵を割って混ぜたり、きのこをさいたり、子どもの大好きな作業がたくさん!「自分で作った!」という達成感があるメニューです。

〈材料〉(2人分)

  • スパゲティ  60~80g
  • ベーコン   2枚
  • しめじ    1/2パック
A
  • 卵黄     1個分
  • 生クリーム  大さじ1
  • 無調整豆乳  80㏄
  • 粉チーズ   小さじ1

〈下準備〉

★しめじは手でさいておく。(玉ねぎを加えるのもおすすめ)
(★)ベーコンは1㎝幅に切っておく。
★Aは合わせておく。(生クリームは豆乳または牛乳に変えても〇)

〈作り方〉

  1. スパゲティは塩少々(分量外)を加えた熱湯で茹で(時間はパッケージ参照)、残り3分位の所でしめじ・ベーコンを加え一緒に茹でておく。
  2. 湯を切り、同じフライパンに戻す。A加え、弱火で加熱しながら素早く混ぜる。

【ワクワクを演出】5歳児におすすめの昼ごはん

1.米粉のお食事クレープ

ほんのり甘い、米粉を使ったもっちりとした食感のクレープです。いろいろな具材をのせて楽しんでください♪

<材料>(2人分)

  • グラニュー糖 10g
  • 米粉     50g
  • 卵       1個
  • 牛乳      150cc
  • バター(食塩不使用) 10g
  • お好みの具材(レタス・ハム・ツナ・ゆでタマゴなど)

<下準備>

  • フライパンにバター(10g)を入れ、溶かしておく(弱火)。

<作り方>

  1. ボウルにグラニュー糖・薄力粉を入れ泡立て器でさっと混ぜ、溶きほぐした卵を加えて均一になるまで混ぜる。
  2. 牛乳を少しずつ加え混ぜ、溶かしたバターを加え混ぜる(クレープ生地)。
  3. フライパンに残ったバターをペーパーで拭いてよく熱し、フライパンをぬれ布巾に当てて粗熱を取る。
  4. クレープ生地の1/4量を流し入れ、全体に広げ焼く(中〜強火約3分)。生地の端に焼き色がついたら菜箸を使って裏返し、裏側も焼く(約30秒)。※残りも同様に焼く。
  5. お好みの具材を巻く。

2.豚しゃぶとシャキシャキ野菜のサラダうどん

やわらかに茹で上げた豚しゃぶとシャキシャキの野菜をのせたおうどん。暑い季節は冷たい麺類がおいしく子どもも食がすすみやすいメニューです。

<材料>(2人分)

  • 豚ロース薄切り肉(しゃぶしゃぶ用) 8枚
  • もやし 1/2袋
  • きゅうり 1/2本
  • うどん  1玉(1人100g位)

a

  • (砂糖 小さじ1お好みで)
  • 酢  小さじ1/2
  • しょうゆ 小さじ1
  • 白すりごま 小さじ1
  • ごま油 小さじ1

【つゆ】

  • 市販のめんつゆ(パッケージ詳細※濃さは大人の半分が目安です)50㏄

(手づくりめんつゆを下記の「作り置き」できる5歳児におすすめの昼ごはんに紹介しています!)

<下準備>

  • ボウルにaを入れてよく混ぜておく。
  • きゅうりは縦半分に切り、種を除き斜め薄切り。
  • うどんは加熱して(加熱方法はパッケージ参照)冷水にとり、冷やしておく

<作り方>

  1. 鍋に熱湯(材料外)を沸かし、もやし・きゅうり・豚肉の順に茹でる。豚肉は冷水に取り、ペーパーで水気を除く。※豚肉は食べやすい大きさに切る。
  2. 合わせたaに①を混ぜ合わせる。
  3. 器にうどん・②を盛り付け、つゆをかける。

【作り置きできる】5歳児におすすめの昼ごはん

1.厚揚げととうもろこしのドライカレー

子どもが大好きなとうもろこしを使ったドライカレー♪動物性の脂質を摂り過ぎず、たんぱく質をしっかり摂れるように厚揚げを加えました。

〈材料〉(2人分)

  • 合挽き肉  100g
  • 厚揚げ   100g
  • 玉ねぎ   1/2個(100g)
  • とうもろこし 1/2本
  • オクラ   2本
  • サラダ油  小さじ1/2

A

  • カレー粉  小さじ1/2
  • 水     50㏄
  • ケチャップ 大さじ1・1/2
  • 中濃ソース 大さじ1・½

〈下準備〉

  • 玉ねぎはみじん切り。
  • とうもろこしは実を削ぎ落す。
  • オクラはガクを除き、5㎜幅に切る。(お好みで他のお野菜でもOK)

〈作り方〉

  1. フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎを入れ炒め、しんなりしたら合挽き肉・厚揚げを加えて炒める。
  2. とうもろこし、オクラを加えさっと炒める。
  3. Aを加え、水分が少なくなるまで煮る。

2.手作り万能調味料めんつゆ

これ1本で味付けが決まる調味料があると便利ですよね♪自家製のめんつゆなら無添加なのに簡単、おいしいお料理が楽しめます。うどんや素麺のつけつゆとしてはもちろん、煮物や焼き物の味付けにもおすすめです。

<作りやすい分量>

  • 水 500㏄
  • だしパック 1袋
  • しょうゆ 90㏄(大さじ6)
  • みりん 90㏄(大さじ6)

 <作り方>

  1. 鍋にだしパックを入れ弱めの中火にかけ、沸騰してから2分程度煮出す。
  2. だしパックを取り出し、しょうゆ、みりんを加え、弱火で2~3分加熱する。
  3. 粗熱を取って冷蔵保存。※冷蔵庫での日持ちは3~5日ほどが目安。

まとめ

3~6歳は味覚や食習慣の基盤となる時期なので、味付けや食事リズム、また身体も著しく成長するので栄養バランスのよい食事を用意してあげたいですよね。

夏休みに3食用意しなければならないママは大変ですが、簡単にできて、子どもも楽しめるランチで、みんなで元気に夏を乗り切りましょう!

子どもの食事に困ったときには「Tot Plate」

「子供には健康的なものを食べさせたい!でも、毎日の献立を考えるのも食事を用意するのも大変」そんな親御さんのために、お子さんの健康を一番に考えた冷凍幼児食はいかがですか?

化学調味料や着色料無添加、国産素材を使用して、健康はもちろん美味しさにもこだわりました。電子レンジまたはお湯で温めるだけなので、調理の手間もかかりません。お子様の健康を考える忙しいママ、パパの皆様、ぜひ一度Tot Plateをお試しください。


タグ :
カテゴリー : ニュース