ショッピングカート

0

ショッピングバッグは空です

購入する

【幼児食】4歳児が喜ぶお昼ごはん3選!食事をしてくれない場合の心構えをご紹介します

【幼児食】4歳児が喜ぶお昼ごはん3選!食事をしてくれない場合の心構えをご紹介します

 

 せっかく作ったご飯を食べてくれなかったり、食べるのに時間がかかったりすると、イライラしたり、やるせない気持ちになりますよね。

子どもが栄養を取れているのか心配になることもあるでしょう。「イライラしないための心構え」を先輩ママパパのお声を参考にご紹介します。

4歳児が食事をしてくれない場合の対処法

食べることを前提にしない

幼児期は気分や食欲にもムラがあり、食べたり食べなかったりするのは当たり前。「食べてくれなくて当たり前」だと思っておくと、「せっかく作ったのに」とイライラしたり、落ち込むことも防げそうです。

固定概念に囚われない

「ご飯を食べさせてないといけない」「3食栄養のバランスを整えない」「残さず食べないといけない」「だしをとらないといけない」「手作りした方がよい」「野菜を食べさせないといけない」「甘いおやつをあげ過ぎてはいけない」などそういう固定観念に縛られているとしんどいと感じやすくなると思います。

どのような固定観念を持っているかに気づき、「ご飯を食べないときがあってもいい」「既製品に頼ってもいい」などパパママが子どもと心地よく過ごすことができるように見直してみましょう。

料理で手間をかけすぎない

時間をかけて作ったり、計画的に準備したものを食べてくれないと、残念な気持ちになったり、「なんで食べてくれないの。」とイライラしてしまうかもしれません。

頑張り過ぎず、レンジで温めるだけ、市販品や冷凍食品を活用する、1品でいろいろな具材を使うなど手間を掛け過ぎないことも大切です。

4歳児が喜ぶお昼ごはん3選!

おすすめ①「10分以内で完成♪玉ねぎの豚丼」

砂糖を使用せず、たっぷりの玉ねぎの甘さととろとろの触感が味わえます。

〈材料〉(2人分)

  • 豚ロース薄切り肉 80g
  • 玉ねぎ 1/2個(約100g)

  • 水    大さじ2
  • しょうゆ 小さじ1
  • みりん  小さじ1
  • 片栗粉  小さじ⅛

〈下準備〉

  • 玉ねぎは繊維を断ち切った薄い千切り。
  • 豚肉は1cm幅に切る。
  • Aは合わせておく。

〈作り方〉

  1. 耐熱容器に玉ねぎ、豚肉の順に入れる。
  2. Aを加えてなじませ、ふんわりラップをかけて電子レンジで加熱する(600W 4分)。

おすすめ②「厚揚げととうもろこしのドライカレー」

子どもが大好きなとうもろこしを使ったドライカレー♪動物性の脂質を摂り過ぎず、たんぱく質をしっかり摂れるように厚揚げを加えました。

〈材料〉(2人分)

  • 合挽き肉  100g
  • 厚揚げ   100g
  • 玉ねぎ   1/2個(100g)
  • とうもろこし 1/2本
  • オクラ   2本
  • サラダ油  小さじ1/2

A

  • カレー粉  小さじ1/2
  • 水     50㏄
  • ケチャップ 大さじ1・1/2
  • 中濃ソース 大さじ1・½

〈下準備〉

  • 玉ねぎはみじん切り。
  • とうもろこしは実を削ぎ落す。
  • オクラはガクを除き、5㎜幅に切る。(お好みで他のお野菜でもOK)

〈作り方〉

  1. フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎを入れ炒め、しんなりしたら合挽き肉・厚揚げを加えて炒める。
  2. とうもろこし、オクラを加えさっと炒める。
  3. Aを加え、水分が少なくなるまで煮る。

おすすめ③「えびとブロッコリーの炊き込みピラフ」

炊飯器のスイッチひとつで忙しい日にもおすすめです。ブロッコリーは芯までやわらかく仕上がります。

〈材料〉(2人分)

  • 米 180㏄
  • 水 180㏄
  • コンソメ(顆粒) 小さじ1/2
  • むき海老     80g
  • 玉ねぎ(みじん切り) 60g
  • ブロッコリー(小房) 40g
  • にんにく(みじん切り) 1/4片分
  • オリーブオイル   大さじ1
  • 白ワイン     小さじ2
  • (塩 少々)

〈下準備〉

  • 米は洗米し、吸水させ(30分~)、ザルに上げて水気を切る。
  • むき海老は背ワタがあったら除いて洗い、ペーパーで水気を除く。
  • ブロッコリーは子房に分けておく。

〈作り方〉

1.炊飯器に米・水・コンソメ・オリーブオイルを加えひと混ぜする。その他の材料をすべて加え、炊く。


2.(塩で味をととのえ)器に盛り付ける

    まとめ

    子育ては思った通りにいかないことが当たり前かもしれません。食事を思った通りにしてほしいと思っていると逆に食事の時間が楽しいものでは無くなってしまうかもしれません。

    食事は栄養面だけではなくコミュニケーション面でも大切な役割があります。楽しい食事時間を過ごすためにもパパママの心構えが必要です。先輩パパママの声を参考に心構えを紹介しました。自分にとってはどのような心構えであれば、心地よく過ごせるのか見直してみてくださいね。

    子どもの食事に困ったときには「Tot Plate」

    「子供には健康的なものを食べさせたい!でも、毎日の献立を考えるのも食事を用意するのも大変」そんな親御さんのために、お子さんの健康を一番に考えた冷凍幼児食はいかがですか?

    化学調味料や着色料無添加、国産素材を使用して、健康はもちろん美味しさにもこだわりました。電子レンジまたはお湯で温めるだけなので、調理の手間もかかりません。

    お子様の健康を考える忙しいママ、パパの皆様、ぜひ一度Tot Plateをお試しください。

    タグ :
    カテゴリー : ニュース